「看護師とケアギバーのためのコミュニティ(NON)」アーカイブ

第7回 NON定例会

2007-2008 年間テーマ 「医療における意志決定支援」 第2回

「がん患者体験を通して考えた意思決定の実際とヘルス・コミュニケーションについて」
ナビゲーター:岡部大祐さん(2005年縦隔腫瘍と診断を受け、抗がん剤治療終了。言語学、ヘルス・コミュニケーションについて大学院にて研究中)
  
▼原町高齢者在宅サービスセンター2階会議室にて
▼平成19年11月10日(土) 13:30-16:30
▼タイムスケジュール
・13:00-    開場
・13:30-14:30  レクチャー 60分
・14:30-14:45  質疑応答  15分
・14:45-15:00  休憩    15分
・15:00-16:00  ディスカッション 60分
・16:00-16:30  名刺交換 30分
▼今回のお題
 「医療における意思決定についての意見・考え」

▼演者:岡部大介
司会:岩本ゆり
NON参加者:15名


「がん患者体験を通して考えた意志決定の実際とヘルス・コミュニケーションについて
?がん、人、医療、社会、といろいろ考えてみたこと?」  についてレクチャー

1.「がん患者」とは誰なのか。

  患者である前に「私」という人間であること。
  人間とは多元的で動的な存在であると言うこと。
  
→ Who am I テストを通して、参加者全員で考える。

2.意志決定の経験とそこで感じたこと

  (1)生物医学モデルと心理社会的モデルの違い

→ 医療者は正常な状態から外れた人を病人(患者)として医療の対象にし、その人達を正常な状態に戻すことを科学的に実証することで「医学」と言っているように感じる。それに対して、病気になった自分は「どう生きるか」ということに論点を置いているので、医療者とは話がかみ合わないと感じた。

  (2)常に「前向き」であることを求められて辛いと感じた。
     日々は輝いて見えるけど将来は灰色、という気持ち。

3.縁側の創出
医療は他職種協働コミュニケーションの場である。その中に「縁側」のように、気楽に立ち寄って、目的もなく話ができるような場所が存在したら、コミュケーションが成立しやすくなるのではないかと考える。

top_title.gif
開催日・場所
平成19年8月11日(土) 13:30-16:30、東京(国立国際医療センターにて)

参加者
15名(相談員、看護師、助産師、医療コーディネーター、ジャーナリスト、ファシリテーター、患者)

ゲスト:池田和子さん CN:島田恵さん、山田由紀さん
国立国際医療センター エイズ治療・研究開発センター患者支援調整官としての実践より、エイズ治療における意思決定の実際をお話して頂きます。

内容/テーマ
2007-2008 年間テーマ
「医療における意志決定支援」 第1回

?「ACC患者支援調整官としての実践より、エイズ治療における意思決定の実際」?
※ACCとは、AIDS Clinical Centerの略。

参考資料
国立国際医療センター/エイズ治療・研究開発センター

07-02.jpg
開催日・場所

2007年3月25日


参加者

6名(看護師、助産師、医療コーディネーター、薬剤師、ケアマネジャー)

ゲスト:友滝愛さん 
東京大学大学院医学系研究科生物統計学/疫学・予防保健学の修士課程に在籍

テーマ/内容
「看護師人員配置から看護政策を考える?アメリカの現状を踏まえて?」

アメリカの看護政策についてについて友滝さんからお話を伺い、それを元に意見交換。
その後、看護師人員配置から日本の看護政策を考える。

参考資料
世界看護師協会2006?安全な人員配置は世界を救う?
日本看護協会ニュースリリース 2006年11月15日
日本看護協会ニュースリリース 2006年11月30日

top01.gif

開催日・場所

2007年1月28日(日)、東京

参加者

12名(相談員、看護師、助産師、医療コーディネーター、ジャーナリスト、医療コミュニケーション研究者、医療ソーシャルワーカー、患者家族)

ゲスト:加藤麻樹子さん
がんCNS(がん専門看護師)候補生。現在、東大和病院 がん相談支援センター 緩和ケアチームを兼務中。

テーマ/内容

1.「国立がんセンター独法化について」

参考資料
国立がんセンターは必要か
米国の「がん情報センター」の中枢を知る
静岡がんセンター、患者の悩みQ&Aをウエブ公開

2.「がんCNS(がん専門看護師)候補生の方から『がん看護』について 」

ゲストの加藤さんからお話を伺い、それを元に意見交換。

data_3_gif_400px.jpg
開催日・場所
2006年11月19日(日)、東京

参加者
14名(相談員、看護師、助産師、医療コーディネーター、ジャーナリスト、医師、医療コミュニケーション研究者、医療現場における多文化協働の研究者、看護学生、患者家族、医療関連)

ゲスト:保田淳子さん
看護師、オーストラリア在住、日本とオーストラリアの看護師がどのように労働者の権利を意識しているかを、患者さんの移乗介助を通して研究されている方。

テーマ/内容
1.「日本の看護 外国人を受け入れるべきか
10月29日(日)に放送されましたBSディベートを一部参考にして、意見交換。
ゲストの保田さんから、移民大国であり、外国人看護師を多く受け入れているオーストラリアの現状を踏まえて御意見を頂きます。岩本より、BSディベートで議論された内容を皆様に投げかけを行います。

参考資料
NHK BSディベート
シルバー新報記事

2.「移乗介助を通して考える看護師の労働環境問題」
ゲストの保田さんからお話を伺い、それを元に意見交換。

看護師の職業病といえば腰痛です。日本では、患者さんを移乗する際にリフトやホイストなど、便利な道具を使用することは一般的でありません。しかしその一方で、労働者の健康安全=看護師の腰痛防止のため 制限重量というものが 存在することを御存知でしょうか?指針があるのに守られていない現実。看護師が働きやすい職場にするにはどうしたら良いのか。看護師の労働環境問題について考えてみましょう。

参考資料
<Manual handling/No Lift policy を調べられるネットのアドレス>
1.Workcover South Australia (SA)
2.SafeWork in SA
3.オーストラリアの法律を調べる  
4.日本看護協会
 ICN occupational health and Safety 引用
     労働安全衛生 (日本語)
5.労務安全情報センター (日本語) 
重さ制限 
6.看護連盟 SA 
7.オーストラリア政府 
8.オーストラリア看護労働組
9.Jeannette Sdrinis オーストラリア看護連盟スタッフ

okaeri002.jpg
開催日・場所
2006年9月24日(日)、東京

参加者
7名(相談員、看護師、助産師、医療コーディネーター、ケアマネジャー、ジャーナリスト、医療関連)

目的
*医療コーディネーター岩本のケースを参考に「独居老人の在宅ケア」「緩和ケアへのギアチェンジ」「占いが人に与える意味について」などについて意見交換。

*パンフレット「あなたの家にかえろう」を参考に「当事者を含めた多職種における冊子作成の難しさについて」「在宅ホスピスについて」について意見交換。

開催日・場所
2006年8月20日(日)、東京

参加者
12名(相談員、看護師、助産師、医療コーディネーター、ジャーナリスト、臨床心理士、コンサルタントなど)

目的
*「こえのあしあと-電話相談員のひとりごと-」という広野さんのブログの中の「あてのない旅」を下敷きに、電話相談とは、相談するということ、相談者の役割について考える


ケース
*精神疾患をもつ女性Aさんからの電話相談。広野さんは医療者ではないため、電話
相談では、ごく普通の隣人として接している。精神疾患を抱えた人のところに、実は
普通の人にとっての問題が一番早く表れると考えている。

*広野さんの投げかけ
「電話相談を受けていて、Aさんの不安を分かってあげることはできるのか?分かっ
ているとは自負しているけれど、それをどう表現したら相手に伝えられるのか?」

5月22日(月)13:30?16:00『在宅ケア』に関する360度カンファレンス 第1回実施しました。

参加者は患者家族2名、看護師4名、ケアマネジャー1名、介護福祉士1名そしてファシリテーターの私を含め9人で開催しました。また、PT(理学療法士)の方が事前に意見を寄せてくださったのでそちらも紹介しました。

まずはそれぞれの立場で『在宅ケア』に関しての課題をあげました。普段知っているようで知らない他の立場の方の本音は”なるほど”と思えるものがありました。以下に紹介します。

earth
楽患ねっとの新しい取組みを紹介します。『360度カンファレンス』です。”360度”は全方位という意味です。関係者全てが公平に、創造的に1つのものを作り上げていく、という思いを込めました。

【背景とねらい】

『患者に学ぶ』(患者が自身の体験を医療者にフィードバックする講義)を実施するなかで1対多の講義形式のデメリットが見えてきました。話し手である患者へのフィードバックが貰い辛いという点です。このフィードバックは非常に重要です。活動の意義を感じやすくし、癒しにもつながります。そこでフラットに参加者全てが話し手であり聞き手になるという形式に変更することにしました。

患者・家族はフィードバックを受けることで”痛みを伴う”過去の体験を話すことに確かな意義を感じることと思います。

そしてなによりも、参加者は医療、介護に関る全ての関係者としました。立場の異なる人が本音で話し合うことで創造的な発見があることでしょう。

また近年医療者のバーンアウト(日々の過酷な業務に追われて人を助けたい感謝されたいといった本来の医療者としての思いを感じることができないまま燃え尽きてしまう)が問題になっていますが、自身の思いを率直に患者にぶつけ、その感想を聞くことでその抑止にもなると思います。

【目的】

・患者本位の理想的なケアを作り上げる
・患者と医療従事者がお互いの本音を知ることで信頼関係を築く

【ゴール】

・理想的なケアを明らかにする
・現実的なケアを設計する


応援よろしくお願いします。