「医療コーディネーター」アーカイブ

20161203.jpg

12月3日、無事セミナー終了しました。

今回の参加者の皆さんは実践を積み重ねている方が多く、ロールプレイは真に迫ったものとなりました。私自身も久しぶりにロールプレイをしてみて、感じることが沢山ありました。こうしてじっくりと自分のコミュニケーションや実践について振り返る時間は貴重だと思います。

参加者の方でカウンセリングを長く実践している方がいらっしゃいましたが、カウンセリングと意思決定支援はまた違ったスキルが必要だとおっしゃっていたのが印象的でした。

次回は年の6月?7月頃に開催の予定です。

IMG_5213.JPG 
このセミナーは、医療コーディネーターのエッセンスである「患者の納得のいく意思決定支援」を
学ぶものです。

実際の事例を元にした参加型の形式であり、実践に生かせる内容となっております。また、医療
を受ける立場(患者さんやそのご家族)の方々の忌憚のない意見を聞く機会も設けており、当事
者の視点に根差したものとなっております。
以下詳細です。転載は自由です。

≪セミナースケジュール≫

2016/12/3(土)  10:00 - 16:00

10:00-11:00 患者が悩む意思決定トップ5
 『もっといい治療はないか?』  『私が受けたい治療に家族が反対している』  『医者に、どの治
療法が良いか、と聞かれたが決められない』  『そもそも西洋医学だけで良いのか、と思っている』  
『突然のことでパニックになり、どうしたら良いかわからない』

 以上の事例を紹介し、患者になると何に不安や悩みを持つのか説明する。

11:00-11:30 意思決定支援の価値と具体的な流れ

意思決定支援の具体的な流れと実例紹介

11:30-12:30 昼食

※午後の予定は参加人数によって前後することをご了承下さい

12:30-14:00 ロールプレイ#1

医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

14:00-14:15 休憩

14:15-15:45 ロールプレイ#2

医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

15:45-16:00 振り返り

【講師】 岩本ゆり 医療コーディネーターの草分けとして2003年の開業以来、現在までに1000件
以上の相談を受けている。NPO法人楽患ねっと副理事長、楽患ナース訪問看護ステーショ
所長、重症児のためのデイケア楽患チャイルド所長2007年フジサンケイ大和証券グループ女性起業家コンテスト優秀賞

患者・遺族数名 患者会関係者など多くの患者の代弁者となれる方々

岩本貴 NPO法人楽患ねっと理事長。医療コーディネーターが受けた1000例以上の医療相談
から整理・体系化したノウハウを伝えます。

【参加資格】 看護師およびケアに関わる人

【費用】 8,400円 (事前振込)

【場所】 東京 西新井駅 徒歩3分 東京都足立区西新井栄町2-10-16 1F 

【申込期限】 11/20(日) ※定員10名に達しましたら〆切とさせて頂きます

【申し込み先】 info@rnurse.jp

下記内容を記入のうえお申し込みください。 1.氏名 2.住所 3.電話 4.職業 5.所属

【主催】NPO法人楽患ねっと 【事務局】楽患ナース株式会社

第15回意思決定セミナー 実施

13509013_1730960923825114_2984949973411882413_n.jpg

?

13502028_1730960930491780_1259406464657445722_n.jpg

6月25日、第15回意思決定セミナーを株式会社ペイシェントフッド代表の宿野部さんにサポートして頂いて無事終了しました。

私も皆様の前でロールプレイをしましたが、沢山の方に囲まれながらのロールはやはり緊張します!

長い1日だったと思いますが、皆様、大変お疲れ様でした。

お一人お一人が、明日からの実践に役立つ何かを持ち帰ることが出来れば幸いです。

第15回意思決定セミナー 実施

13509013_1730960923825114_2984949973411882413_n.jpg

?

13502028_1730960930491780_1259406464657445722_n.jpg

6月25日、第15回意思決定セミナーを株式会社ペイシェントフッド代表の宿野部さんにサポートして頂いて無事終了しました。

私も皆様の前でロールプレイをしましたが、沢山の方に囲まれながらのロールはやはり緊張します!

長い1日だったと思いますが、皆様、大変お疲れ様でした。

お一人お一人が、明日からの実践に役立つ何かを持ち帰ることが出来れば幸いです。

次回は12月頃を予定しております。

日程が決まりましたらこちらのブログでご案内致します。

IMG_5213.JPG 
このセミナーは、医療コーディネーターのエッセンスである「患者の納得のいく意思決定支援」を
学ぶものです。

実際の事例を元にした参加型の形式であり、実践に生かせる内容となっております。また、医療
を受ける立場(患者さんやそのご家族)の方々の忌憚のない意見を聞く機会も設けており、当事
者の視点に根差したものとなっております。
以下詳細です。転載は自由です。

≪セミナースケジュール≫

2016/6/25(土)  10:00 - 16:00

10:00-11:00 患者が悩む意思決定トップ5
 『もっといい治療はないか?』  『私が受けたい治療に家族が反対している』  『医者に、どの治
療法が良いか、と聞かれたが決められない』  『そもそも西洋医学だけで良いのか、と思っている』  
『突然のことでパニックになり、どうしたら良いかわからない』

 以上の事例を紹介し、患者になると何に不安や悩みを持つのか説明する。

11:00-11:30 意思決定支援の価値と具体的な流れ

意思決定支援の具体的な流れと実例紹介

11:30-12:30 昼食

※午後の予定は参加人数によって前後することをご了承下さい

12:30-14:00 ロールプレイ#1

医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

14:00-14:15 休憩

14:15-15:45 ロールプレイ#2

医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

15:45-16:00 振り返り

【講師】 岩本ゆり 医療コーディネーターの草分けとして2003年の開業以来、現在までに1000件
以上の相談を受けている。NPO法人楽患ねっと副理事長、楽患ナース訪問看護ステーショ
所長、重症児のためのデイケア楽患チャイルド所長2007年フジサンケイ大和証券グループ女性起業家コンテスト優秀賞

患者・遺族数名 患者会関係者など多くの患者の代弁者となれる方々

岩本貴 NPO法人楽患ねっと理事長。医療コーディネーターが受けた1000例以上の医療相談
から整理・体系化したノウハウを伝えます。

【参加資格】 看護師およびケアに関わる人

【費用】 8,400円 (事前振込)

【場所】 東京 西新井駅 徒歩3分 東京都足立区西新井栄町2-10-16 1F 

【申込期限】 6/12(日) ※定員10名に達しましたら〆切とさせて頂きます

【申し込み先】 info@rnurse.jp

下記内容を記入のうえお申し込みください。 1.氏名 2.住所 3.電話 4.職業 5.所属

【主催】NPO法人楽患ねっと 【事務局】楽患ナース株式会社

201603061.jpg

昨年末、大正大学 人間学部教育人間学科 教職コース 3年生のお二人が、「いのち」を研究テーマに学んでいるため、インタビューをさせて欲しいという申し出がありました。

こちらの教職コースでは、中学・高等学校の教員免許を取得するため、様々な観点から人間について研究・考察をしているとのこと。ゼミでは「いのち」について議論したり、「いのち」とは何かを調査し、考察しているそうです。

とても初々しい学生さんお二人とじっくり2時間以上話し合った結果がこちらのブログです。自身の経験も踏まえながらじっくりと仕上げて下さいました。私も初々しかった頃をほんのり思い出しました。楽患チャイルドの写真付きです。

【ゼミ報告】いのちを育む医療を支える人たち?共生社会の実現のために?

1 http://www.tais.ac.jp/.../teacher_traini.../blog/20160228/39942/

2 http://www.tais.ac.jp/faculty/department/teacher_training/blog/20160306/40022/

IMG_3891.jpg
このセミナーは、医療コーディネーターのエッセンスである「患者の納得のいく意思決定支援」を
学ぶものです。

実際の事例を元にした参加型の形式であり、実践に生かせる内容となっております。また、医療
を受ける立場(患者さんやそのご家族)の方々の忌憚のない意見を聞く機会も設けており、当事
者の視点に根差したものとなっております。

以下詳細です。転載は自由です。

≪セミナースケジュール≫

2015/11/21(土)  10:00 - 16:00

10:00-11:00 患者が悩む意思決定トップ5
 『もっといい治療はないか?』  『私が受けたい治療に家族が反対している』  『医者に、どの治
療法が良いか、と聞かれたが決められない』  『そもそも西洋医学だけで良いのか、と思っている』  
『突然のことでパニックになり、どうしたら良いかわからない』

 以上の事例を紹介し、患者になると何に不安や悩みを持つのか説明する。

11:00-11:30 意思決定支援の価値と具体的な流れ

意思決定支援の具体的な流れと実例紹介

11:30-12:30 昼食

※午後の予定は参加人数によって前後することをご了承下さい

12:30-14:00 ロールプレイ#1

医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

14:00-14:15 休憩

14:15-15:45 ロールプレイ#2

医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

15:45-16:00 振り返り

【講師】 岩本ゆり 医療コーディネーターの草分けとして2003年の開業以来、現在までに1000件
以上の相談を受けている。NPO法人楽患ねっと副理事長、楽患ナース訪問看護ステーショ
所長、重症児のためのデイケア楽患チャイルド所長2007年フジサンケイ大和証券グループ女性起業家コンテスト優秀賞

患者・遺族数名 患者会関係者など多くの患者の代弁者となれる方々

岩本貴 NPO法人楽患ねっと理事長。医療コーディネーターが受けた1000例以上の医療相談
から整理・体系化したノウハウを伝えます。

【参加資格】 看護師およびケアに関わる人

【費用】 8,400円 (事前振込)

【場所】 東京 西新井駅 徒歩3分 東京都足立区西新井栄町2-10-16 1F 

【申込期限】 11/15(日) ※定員まで

【申し込み先】 info@rnurse.jp

下記内容を記入のうえお申し込みください。 1.氏名 2.住所 3.電話 4.職業 5.所属

【主催】NPO法人楽患ねっと 【事務局】楽患ナース株式会社

IMG_4425.JPG?????

5月16日(土)、第13回意思決定支援セミナー 終了しました。

同じロールプレイでも、参加される方々の個性によって、全く違うものになる醍醐味を感じました。
患者さんの声の素晴らしさを毎回痛感するセミナーです。

こうして少しずつ積み重ねていける仲間がいることに感謝しています。

次回は、11月21日(土)10時?16時の予定です。
10月初旬には案内を開始致します。参加者は10名限定となります。

次回お会いできます事を楽しみにしております♪

IMG_4421.JPGIMG_4423.JPG?

IMG_3891.jpg
このセミナーは、医療コーディネーターのエッセンスである「患者の納得のいく意思決定支援」を
学ぶものです。

実際の事例を元にした参加型の形式であり、実践に生かせる内容となっております。また、医療
を受ける立場(患者さんやそのご家族)の方々の忌憚のない意見を聞く機会も設けており、当事
者の視点に根差したものとなっております。

以下詳細です。転載は自由です。

≪セミナースケジュール≫

2015/5/16(土)  10:00 - 15:00

10:00-11:00 患者が悩む意思決定トップ5
 『もっといい治療はないか?』  『私が受けたい治療に家族が反対している』  『医者に、どの治
療法が良いか、と聞かれたが決められない』  『そもそも西洋医学だけで良いのか、と思っている』  
『突然のことでパニックになり、どうしたら良いかわからない』

 以上の事例を紹介し、患者になると何に不安や悩みを持つのか説明する。

11:00-11:30 意思決定支援の価値と具体的な流れ

?? 意思決定支援の具体的な流れと実例紹介

11:30-12:30 昼食

※午後の予定は参加人数によって前後することをご了承下さい

12:30-13:30 ロールプレイ#1

医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

13:30-13:45 休憩

13:45-14:45 ロールプレイ#2

医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

14:45-15:00 振り返り

【講師】 岩本ゆり 医療コーディネーターの草分けとして2003年の開業以来、現在までに800件
以上の相談を受けている。NPO法人楽患ねっと副理事長、楽患ナース訪問看護ステーショ
管理者、2007年フジサンケイ大和証券グループ女性起業家コンテスト優秀賞

患者・遺族数名 患者会関係者など多くの患者の代弁者となれる方々

岩本貴 NPO法人楽患ねっと理事長。医療コーディネーターが受けた1000例以上の医療相談
から整理・体系化したノウハウを伝えます。

【参加資格】 看護師およびケアに関わる人

【費用】 8,400円 (事前振込)

【場所】 東京 西新井駅 徒歩3分 東京都足立区西新井栄町2-10-16 1F 

【申込期限】 ※大変申し訳ありませんが応募多数のためキャンセル待ちになっています。
      次回開催は11月の予定です

【申し込み先】 info@rnurse.jp

下記内容を記入のうえお申し込みください。 1.氏名 2.住所 3.電話 4.職業 5.所属

【主催】NPO法人楽患ねっと 【事務局】楽患ナース株式会社

DSC01544.jpg

このセミナーは、医療コーディネーターのエッセンスである「患者の納得のいく意思決定支援」を学ぶものです。

実際の事例を元にした参加型の形式であり、実践に生かせる内容となっております。また、医療を受ける立場(患者さんやそのご家族)の方々の忌憚のない意見を聞く機会も設けており、当事者の視点に根差したものとなっております。

?

以下詳細です。転載は自由です。

≪セミナースケジュール≫

2014/11/2(日)  10:00 - 15:30

10:00-11:00 患者が悩む意思決定トップ5

 『もっといい治療はないか?』  『私が受けたい治療に家族が反対している』  『医者に、どの治療法が良いか、と聞かれたが決められない』  『そもそも西洋医学だけで良いのか、と思っている』  『突然のことでパニックになり、どうしたら良いかわからない』

 以上の事例を紹介し、患者になると何に不安や悩みを持つのか説明する。

11:00-11:30 意思決定支援の価値と具体的な流れ

 意思決定支援の具体的な流れと実例紹介

11:30-12:30 昼食

※午後の予定は参加人数によって前後することをご了承下さい

12:30-13:30 ロールプレイ#1

 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

13:30-13:45 休憩

13:45-14:45 ロールプレイ#2

 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

14:45-15:00 振り返り

【講師】 岩本ゆり 医療コーディネーターの草分けとして2003年の開業以来、現在までに800件以上の相談を受けている。NPO法人楽患ねっと副理事長、楽患ナース訪問看護ステーション管理者、2007年フジサンケイ大和証券グループ女性起業家コンテスト優秀賞

患者・遺族数名 患者会関係者など多くの患者の代弁者となれる方々

岩本貴 NPO法人楽患ねっと理事長。医療コーディネーターが受けた1000例以上の医療相談から整理・体系化したノウハウを伝えます。

【参加資格】 看護師およびケアに関わる人

【費用】 8,400円 (事前振込)

【場所】 東京 西新井駅 徒歩3分 東京都足立区西新井栄町2-10-16 1F 地図

【申込期限】 2014年10月27日(月) (人数の関係でお断りする場合がございます。早目のご連絡をお願い致します。)

【申し込み先】 info@rnurse.jp

下記内容を記入のうえお申し込みください。 1.氏名 2.住所 3.電話 4.職業 5.所属

【運営】NPO法人楽患ねっと 【事務局】楽患ナース株式会社

DSC01544.jpg

このセミナーは、医療コーディネーターのエッセンスである

「患者の納得のいく意思決定支援」を学ぶものです。

実際の事例を元にした参加型の形式であり、実践に生かせる内容となっております。

また、医療を受ける立場(患者さんやそのご家族)の方々の忌憚のない意見を聞く

機会も設けており、当事者の視点に根差したものとなっております。

以下詳細です。転載は自由です。

≪セミナースケジュール≫

2013/12/7(土)  10:00 - 15:00

10:00-11:00 患者が悩む意思決定トップ5

 『もっといい治療はないか?』
 『私が受けたい治療に家族が反対している』
 『医者に、どの治療法が良いか、と聞かれたが決められない』
 『そもそも西洋医学だけで良いのか、と思っている』
 『突然のことでパニックになり、どうしたら良いかわからない』

 以上の事例を紹介し、患者になると何に不安や悩みを持つのか説明する。

11:00-11:30 意思決定支援の価値と具体的な流れ

 意思決定支援の具体的な流れと実例紹介

11:30-12:30 昼食

※午後の予定は参加人数によって前後することをご了承下さい

12:30-13:30 ロールプレイ#1

 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

13:30-13:45 休憩

13:45-14:45 ロールプレイ#2

 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

14:45-15:00 振り返り


【講師】
岩本ゆり
医療コーディネーターの草分けとして2003年の開業以来、現在までに800件以上の相談を受けている。NPO法人楽患ねっと副理事長、楽患ナース訪問看護ステーション管理者、日本看護協会広報委員、2007年フジサンケイ大和証券グループ女性起業家コンテスト優秀賞

患者・遺族数名
患者会関係者など多くの患者の代弁者となれる方々

岩本貴
NPO法人楽患ねっと理事長。医療コーディネーターが受けた1000例以上の医療相談から整理・体系化したノウハウを伝えます。

【参加資格】
看護師およびケアに関わる人

【費用】
8,400円 (事前振込)

【場所】
東京 西新井駅 徒歩3分
東京都足立区西新井栄町2-10-16 1F 地図

【申込期限】
11月30日(土)
(人数の関係でお断りする場合がございます。早目のご連絡をお願い致します。)

【申し込み先】
info@rnurse.jp

下記内容を記入のうえお申し込みください。
1.氏名
2.住所
3.電話
4.職業
5.所属


【運営】NPO法人楽患ねっと
【事務局】楽患ナース株式会社

DSC01544.jpg

このセミナーは、医療コーディネーターのエッセンスである

「患者の納得のいく意思決定支援」を学ぶものです。

実際の事例を元にした参加型の形式であり、実践に生かせる内容となっております。

また、医療を受ける立場(患者さんやそのご家族)の方々の忌憚のない意見を聞く

機会も設けており、当事者の視点に根差したものとなっております。

以下詳細です。転載は自由です。

≪セミナースケジュール≫

2012/10/27(土)  10:00 - 15:00

10:00-11:00 患者が悩む意思決定トップ5

 『もっといい治療はないか?』
 『私が受けたい治療に家族が反対している』
 『医者に、どの治療法が良いか、と聞かれたが決められない』
 『そもそも西洋医学だけで良いのか、と思っている』
 『突然のことでパニックになり、どうしたら良いかわからない』

 以上の事例を紹介し、患者になると何に不安や悩みを持つのか説明する。

11:00-11:30 意思決定支援の価値と具体的な流れ

 意思決定支援の具体的な流れと実例紹介

11:30-12:30 昼食

12:30-13:30 ロールプレイ#1

 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

13:30-13:45 休憩

13:45-14:45 ロールプレイ#2

 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

14:45-15:00 振り返り


【講師】
岩本ゆり
医療コーディネーターの草分けとして2003年の開業以来、現在までに800件以上の相談を受けている。NPO法人楽患ねっと副理事長、楽患ナース訪問看護ステーション管理者、日本看護協会広報委員、2007年フジサンケイ大和証券グループ女性起業家コンテスト優秀賞

患者・遺族数名
患者会関係者など多くの患者の代弁者となれる方々

岩本貴
NPO法人楽患ねっと理事長。医療コーディネーターが受けた800例以上の医療相談から整理・体系化したノウハウを伝えます。

【参加資格】
看護師およびケアに関わる人

【費用】
8,400円 (事前振込)

【場所】
東京 西新井駅 徒歩3分
東京都足立区西新井栄町2-10-16 1F 地図

【申込期限】
10月13日(金)
(人数の関係でお断りする場合がございます。早目のご連絡をお願い致します。)

【申し込み先】
info@rnurse.jp

下記内容を記入のうえお申し込みください。
1.氏名
2.住所
3.電話
4.職業
5.所属


【運営】NPO法人楽患ねっと
【事務局】楽患ナース株式会社

DSC01544.jpg

このセミナーは、医療コーディネーターのエッセンスである

「患者の納得のいく意思決定支援」を学ぶものです。

実際の事例を元にした参加型の形式であり、実践に生かせる内容となっております。

また、医療を受ける立場(患者さんやそのご家族)の方々の忌憚のない意見を聞く

機会も設けており、当事者の視点に根差したものとなっております。

以下詳細です。転載は自由です。

≪セミナースケジュール≫

2010/11/19(土)  10:00 - 16:30

10:00-11:00 患者が悩む意思決定トップ5

 『もっといい治療はないか?』
 『私が受けたい治療に家族が反対している』
 『医者に、どの治療法が良いか、と聞かれたが決められない』
 『そもそも西洋医学だけで良いのか、と思っている』
 『突然のことでパニックになり、どうしたら良いかわからない』

 以上の事例を紹介し、患者になると何に不安や悩みを持つのか説明する。

11:00-11:30 意思決定支援の価値と具体的な流れ

 意思決定支援の具体的な流れと実例紹介

11:30-12:30 昼食

12:30-14:30 ロールプレイ#1

 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

14:30-14:45 休憩

14:45-16:15 ロールプレイ#2

 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

16:15-16:30 振り返り


【講師】
岩本ゆり
医療コーディネーターの草分けとして2003年の開業以来、現在までに800件以上の相談を受けている。NPO法人楽患ねっと副理事長、楽患ナース訪問看護ステーション管理者、日本看護協会広報委員、2007年フジサンケイ大和証券グループ女性起業家コンテスト優秀賞

患者・遺族数名
患者会関係者など多くの患者の代弁者となれる方々

岩本貴
NPO法人楽患ねっと理事長。医療コーディネーターが受けた800例以上の医療相談から整理・体系化したノウハウを伝えます。

【参加資格】
看護師およびケアに関わる人

【費用】
8,400円 (事前振込)

【場所】
東京 西新井駅 徒歩3分
東京都足立区西新井栄町2-10-16 1F 地図

【申込期限】
11月11日(金)
(人数の関係でお断りする場合がございます。早目のご連絡をお願い致します。)

【申し込み先】
info@rnurse.jp

下記内容を記入のうえお申し込みください。
1.氏名
2.住所
3.電話
4.職業
5.所属


【運営】NPO法人楽患ねっと
【事務局】楽患ナース株式会社

DSC01544.jpg

このセミナーは、医療コーディネーターのエッセンスである

「患者の納得のいく意思決定支援」を学ぶものです。

 

実際の事例を元にした参加型の形式であり、実践に生かせる内容となっております。

また、医療を受ける立場(患者さんやそのご家族)の方々の忌憚のない意見を聞く

機会も設けており、当事者の視点に根差したものとなっております。

 

以下詳細です。転載は自由です。

≪セミナースケジュール≫

2010/12/11(土)  10:00 - 16:30

10:00-11:00 患者が悩む意思決定ベスト5

 『もっといい治療はないか?』
 『私が受けたい治療に家族が反対している』
 『医者に、どの治療法が良いか、と聞かれたが決められない』
 『そもそも西洋医学だけで良いのか、と思っている』
 『突然のことでパニックになり、どうしたら良いかわからない』

 以上の事例を紹介し、患者になると何に不安や悩みを持つのか説明する。

11:00-11:30 意思決定支援の価値と具体的な流れ

 意思決定支援の具体的な流れと実例紹介

11:30-12:30 昼食

12:30-14:30 ロールプレイ#1

 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

14:30-14:45 休憩

14:45-16:15 ロールプレイ#2

 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

16:15-16:30 振り返り


【講師】
岩本ゆり
医療コーディネーターの草分けとして2003年の開業以来、現在までに800件以上の相談を受けている。NPO法人楽患ねっと副理事長、楽患ナース訪問看護ステーション管理者、日本看護協会広報委員、2007年フジサンケイ大和証券グループ女性起業家コンテスト優秀賞

患者・遺族数名
患者会関係者など多くの患者の代弁者となれる方々

岩本貴
NPO法人楽患ねっと理事長。医療コーディネーターが受けた800例以上の医療相談から整理・体系化したノウハウを伝えます。

【参加資格】
看護師およびケアに関わる人

【費用】
8,400円 (事前振込)

【場所】
東京都 北千住駅近辺

【申込期限】
12月1日(水)
(人数の関係でお断りする場合がございます。早目のご連絡をお願い致します。)

【申し込み先】
info@rnurse.jp

下記内容を記入のうえお申し込みください。
1.氏名
2.住所
3.電話
4.職業
5.所属


【運営】NPO法人楽患ねっと
【事務局】楽患ナース株式会社

DSC01544.jpg

このセミナーは、医療コーディネーターのエッセンスである

「患者の納得のいく意思決定支援」を学ぶものです。

 

実際の事例を元にした参加型の形式であり、実践に生かせる内容となっております。

また、医療を受ける立場(患者さんやそのご家族)の方々の忌憚のない意見を聞く

機会も設けており、当事者の視点に根差したものとなっております。

 

以下詳細です。転載は自由です。

≪セミナースケジュール≫

6/19(土)  10:00 - 16:30

10:00-11:00 患者が悩む意思決定ベスト5

 『もっといい治療はないか?』
 『私が受けたい治療に家族が反対している』
 『医者に、どの治療法が良いか、と聞かれたが決められない』
 『そもそも西洋医学だけで良いのか、と思っている』
 『突然のことでパニックになり、どうしたら良いかわからない』

 以上の事例を紹介し、患者になると何に不安や悩みを持つのか説明する。

11:00-11:30 意思決定支援の価値と具体的な流れ

 意思決定支援の具体的な流れと実例紹介

11:30-12:30 昼食

12:30-14:30 ロールプレイ#1

 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

14:30-14:45 休憩

14:45-16:15 ロールプレイ#2

 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

16:15-16:30 振り返り


【講師】
岩本ゆり
医療コーディネーターの草分けとして2003年の開業以来、現在までに300件以上の相談を受けている。NPO法人楽患ねっと副理事長、楽患ナース株式会社取締役、日本看護協会広報委員、2007年フジサンケイ大和証券グループ女性起業家コンテスト優秀賞

患者・遺族数名
患者会関係者など多くの患者の代弁者となれる方々

岩本貴
NPO法人楽患ねっと理事長。医療コーディネーターが受けた600例以上の医療相談から整理・体系化したノウハウを伝えます。

【参加資格】
看護師およびケアに関わる人

【費用】
8,400円 (事前振込)

【場所】
東京都 北千住駅近辺を予定

【申込期限】
6月16日(水)
(人数の関係でお断りする場合がございます。早目のご連絡をお願い致します。)

【申し込み先】
info@rnurse.jp

下記内容を記入のうえお申し込みください。
1.氏名
2.住所
3.電話
4.職業
5.所属


【運営】NPO法人楽患ねっと
【事務局】楽患ナース株式会社

mcseminar6th.jpg

 

セミナー無事終了しました。参加者の方々、ご協力いただいたサバイバー、遺族のみなさまありがとうございます。

今回の参加者は半数が医療関連の企業に勤めている方でした。今まではほとんどが看護師です。

ビジネスにおいて、"相手の立場に立って課題を整理し打ち手を提示する"ことは大切な要素だから、患者の意思決定を支援するのも大差ない、といってはそれまでなのですが、みなさん、そつなくロールプレイをこなされていました。さすがに治療や患者に関する知識は不足していましたが、これは仕方ありませんね。

感想の一部を紹介します。

『百聞は1ロールプレイにしかず。やってみて患者の意思決定支援の難しさ、価値が分かりました。』
『医療コーディネーターの仕事の大切さや、難しさ、魅力を感じると共に、患者さんの声を反映させることの意味を、より深く、より現実的に感じることが出来ました。』
『コミュニケーションのスキルや、相手の課題を抽出するプロセスは、ビジネスの場においてもすぐに使うことができると感じました。』

"患者のため"という思いは医療者だけでなく、とても裾野広く多くの方々によって支えられているのだな、と実感した今回のセミナーでした。

次回は2010年の6月を予定しています。

意思決定支援

このセミナーは、医療コーディネーターのエッセンスである患者の納得のいく意思決定支援を学ぶものです。実際の事例を元にした参加型の形式であり、実践に生かせる内容となっております。また、医療を受ける立場(患者さんやそのご家族)の方々の忌憚のない意見を聞く機会も設けており、当事者の視点に根差したものとなっております。

以下詳細です。転載は自由です。

≪セミナースケジュール≫

12/5(土)  10:00 - 16:30

10:00-11:00 患者が悩む意思決定ベスト5

 『もっといい治療はないか?』
 『私が受けたい治療に家族が反対している』
 『医者に、どの治療法が良いか、と聞かれたが決められない』
 『そもそも西洋医学だけで良いのか、と思っている』
 『突然のことでパニックになり、どうしたら良いかわからない』

 以上の事例を紹介し、患者になると何に不安や悩みを持つのか説明する。

11:00-11:30 意思決定支援の価値と具体的な流れ

 意思決定支援の具体的な流れと実例紹介

11:30-12:30 昼食

12:30-14:30 ロールプレイ#1

 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

14:30-14:45 休憩

14:45-16:15 ロールプレイ#2

 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

16:15-16:30 振り返り


【講師】
岩本ゆり
医療コーディネーターの草分けとして2003年の開業以来、現在までに300件以上の相談を受けている。NPO法人楽患ねっと副理事長、楽患ナース株式会社取締役、日本看護協会広報委員、2007年フジサンケイ大和証券グループ女性起業家コンテスト優秀賞

患者・遺族数名
患者会関係者など多くの患者の代弁者となれる方々

岩本貴
NPO法人楽患ねっと理事長。医療コーディネーターが受けた600例以上の医療相談から整理・体系化したノウハウを伝えます。

【参加資格】
看護師およびケアに関わる人

【費用】
8,400円 (事前振込)

【場所】
東京都 北千住駅近辺を予定

【申込期限】
11月28日(土)
(人数の関係でお断りする場合がございます。早目のご連絡をお願い致します。)

【申し込み先】
info@rnurse.jp

下記内容を記入のうえお申し込みください。
1.氏名
2.住所
3.電話
4.職業
5.所属


【運営】NPO法人楽患ねっと
【事務局】楽患ナース株式会社

意思決定支援セミナー

セミナー無事終了しました。参加者の方々、ご協力いただいたサバイバー、遺族のみなさまありがとうございます。

参加型セミナーなので参加されたの方々の考えや思いがダイレクトに伝わってきます。毎度のことながらとても楽しい時間でした。

後日参加者より感想を頂いたので紹介します。※ご本人の許可を頂いています

セミナーは本当に楽しかったです。いつもは、緩和ケアや看護が提供できる「看護師」として話をしているので、むしろ方法論がある自信の下で、話をしていたなぁと、自分の看護を振り返るきっかけになりました。大変満足しました。(30代 在宅ホスピス看護師)

セミナーやロールプレイを行いながら、緊張しますがいつも自分自身と向き合う事ができるような気がします。(20代 病棟看護師 2回目の参加)


次回は年末ごろを予定しています。

楽患ねっとブース展示

医療志民の会設立シンポジウムの様子をレポートします。

<パネルディスカッション>

なんといっても大きな課題として医師不足、国の医療予算不足があがりました。
医師を増やすのには時間がかかります。そこで即効性のある案として、歯科医やコメディカルの活用が提案されました。

そして、もう一つ出された提案は、市民の医療への参画です。

医療は大切な社会資源であり、市民は自らそれを守る必要があります。医療はチーム力ですから、患者と医療者の間に昨今のような不信があれば、治療効果も上がりません。結果、医療者も患者も疲弊する一方です。今回のシンポジウムのような市民と医療者の対話が各地域で広がることが大切です。


<楽患ねっとブース展示>

『医療コーディネーターの要件は看護師だが、医師はではできないのか?』
という質問がありました。

出来る人もいると思うが、少ないだろう、というのが私たちの答えです。

通常の診療において「治す」をとことんまで追求している方々が、

”自分の主義・主張は置いて、中立的に”
さらに
”治療はその後の人生を豊かにする手段の一つとして”

患者の相談にのるのは難しいと思うからです。
このように考えると、緩和ケアを専門にしている医師など、治療を積極的に推し進める立場ではない方は親和性が高いのではないかと思います。

もちろん、患者さんが納得してから治療を開始していらっしゃる医師もたくさんいらっしゃいます。ただ、「病気が治る」ことよりも、「納得して治療を受けること」に価値を置いている方は少ないと感じています。

「私はこの治療を受けずに治らなくても良いから、(この治療は)受けたくない」という患者さんに、医師であれば「治ることを最優先に考えるべきだ」と話すのは治療者として当然だとも思います。

でも、治ることが最優先、という考え方では納得できない、と考える方もいらっしゃいます。医療コーディネーターとして病院を離れ、中立な立場で患者さんと向き合ってみると、病院勤務時代に想像していたよりも、そう考える患者さんの数は多いように感じます。そして、多かれ少なかれ、誰の気持ちの中にも「治る」ことと「自分らしく生きる」ことの両立を望む気持ちがあると思います。

医師のように直接の治療者という立場ではない人間だからこそ、その両立をサポートしやすいのではないかと考えます。

医療が万全でない、つまり治療すれば完全に元の体に戻る、ことはむしろ稀である以上、患者が納得できる、できないは、大きな違いです。医療コーディネーターの価値は”納得”を支えることであり、”治す”は医師の仕事、と考えています。治療法に関しては中立で、何かを勧めることはありません。患者の目線で何が納得いく選択なのかを一緒に考えます。医療知識があり、患者の不安や悩みに寄り添ってきた看護師は、その点で医療コーディネーターの基礎要件を満たしているといえます。


参考:医療コーディネーターの提供価値と資質要件

医療コーディネーターの提供価値と資質要件


医療コーディネーターはクライアントの

”自分らしく納得のいく治療を受けたい”

という思いに応えることをゴールにしています。


具体的には次の3つの実現を支援します。

?納得のいく医療の選択
?自身に関する医療の理解
?不安や悩みの軽減


これらを達成するための資質要件として7つあります。

?信頼感
?想像力
?多様性の理解
?論理的思考
?効果的な伝え方
?実行力
?医療専門知識 ※臨床経験5年以上の看護師であること

NPO法人楽患ねっと認定医療コーディネーターは上記の資質要件を一定のレベルで満たしています。

「医療をよくしたい」という志を持つ人たちの集い(シンポジウム)が、4月11日 学術総合センター(東京, 神保町)にて開催されます。

当日は、パネルディスカッションに加え、現在動きつつある新しい運動を紹介し、交流できる特設ブースも設けられます。

私たち 楽患ねっと もブース展示を行い、医療コーディネーターやナースオブザイヤーについて参加者の皆様へご紹介します。
他には、千葉県の医療崩壊を憂い様々な提言をされている千葉県がんセンター長の竜 宗正氏、国立がんセンター中央病院からも院長の土屋了介氏がブースを開設される予定です。

このブログをお読みの方で参加される方がいらっしゃいましたら、是非当ブースにお立ち寄り下さい。

以下、詳細です。
====
医療現場を建て直したいと志を抱く患者と家族、医療者、保健者、納税者、研究者、ジャーナリストらが集い、4月11日(土)、「医療志民の会」(共同代表:大谷貴子/元白血病患者・佐藤章/福島県立医大産科婦人科名誉教授をはじめとし、発起人142名)が発足します。

医療について報道されない日はないほど、医療崩壊が進んでいます。閉塞的な医療の現状を打破するために、「医療志民の会」が発足します。今までは医療をめぐるほとんどの活動は、医療者中心、患者中心でした。本会は、医療現場を建て直したいとの志を抱く様々な立場の人々が「志民」として議論し連携し協働する場を創造することを目指しています。
====

当日のプログラムなど

プログラム(予定、敬称略)
?シンポジウム 17:00?19:30 
 司会:黒岩祐冶(フジテレビ報道局・解説委員)
・開会の辞:佐藤章(福島県立医大産科婦人科・名誉教授)
・共催者の挨拶:尾辻秀久(参議院議員・医療現場の危機打開と再建をめざす国会議員連盟 会長)
・パネルディスカッション
 「志民発の医療再建?私たちはこの課題をここからこのように取り組んでいく!?」 
・閉会の辞:大谷貴子(元白血病患者)

?記者懇親会 シンポジウム終了後
・共同代表、パネリストにご質問下さい。

?ブース展示・交流会 16:00?20:00
・現在取り組んでいる医療再建協働活動のご紹介

参加費 2,000円(当日、受付にて徴収予定)

パネリスト
足立智和(丹波新聞・記者)、大谷貴子(元白血病患者)、大塚勇二(NPO法人みんなの歯科ネットワーク・副理事長)、神津仁(神津内科クリニック・院長)、黒川衛(全国医師連盟・代表)、小松秀樹(虎の門病院泌尿器科・部長)、崔秉哲(滋賀県立成人病センター放射線治療科・医師)、塩見健三(がんまんクラブ・代表)、竹内麻里子(医師のキャリアパスを考える医学生の会)、豊島勝昭(神奈川県立こども医療センター新生児科・医長)、取手涼子(初台リハビリテーション病院・ソーシャルワーカー)、長尾和宏(長尾クリニック・院長)、中田善規(帝京大学麻酔科・教授)、畑中暢代(東京大学・看護師)、福田衣里子(薬害肝炎被害者)、竜宗正(千葉県がんセンター・センター長)

詳しくはこちら

意思決定支援

このセミナーは、医療コーディネーターのエッセンスである患者の納得のいく意思決定支援を学ぶものです。実際の事例を元にした参加型の形式であり、実践に生かせる内容となっております。また、医療を受ける立場(患者さんやそのご家族)の方々の忌憚のない意見を聞く機会も設けており、当事者の視点に根差したものとなっております。

ご興味のある方はご連絡下さい。

以下詳細です。転載は自由です。

≪セミナースケジュール≫

6/20(土)  10:00-16:30

10:00-11:30 セルフブランディング
 自分にとって看護・ケアとは何かを考えます

11:30-12:30 昼食

12:30-13:00 医療コーディネーターとは
 意思決定支援の具体的な流れと実例紹介

13:00-14:30 ロールプレイ#1
 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

14:30-14:45 休憩

14:45-16:15 ロールプレイ#2
 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

16:15-16:30 振り返り

【講師】
岩本ゆり
医療コーディネーターの草分けとして2003年の開業以来、現在までに300件以上の相談を受けている。NPO法人楽患ねっと副理事長、楽患ナース株式会社取締役、日本看護協会広報委員、2007年フジサンケイ大和証券グループ女性起業家コンテスト優秀賞

患者・遺族数名
患者会関係者など多くの患者の代弁者となれる方々

【参加資格】
看護師およびケアに関わる人

【費用】
15,000円 (事前振込)

【場所】
東京都 北千住駅近辺を予定

【申込期限】
6月15日
(人数の関係でお断りする場合がございます。早目のご連絡をお願い致します。)

【申し込み先】
info@rnurse.jp

下記内容を記入のうえお申し込みください。
1.氏名
2.住所
3.電話
4.職業
5.所属


【運営】NPO法人楽患ねっと
【事務局】楽患ナース株式会社

意思決定支援

このセミナーは、医療コーディネーターのエッセンスである患者の納得のいく意思決定支援を学ぶものです。実際の事例を元にした参加型の形式であり、実践に生かせる内容となっております。また、医療を受ける立場(患者さんやそのご家族)の方々の忌憚のない意見を聞く機会も設けており、当事者の視点に根差したものとなっております。

ご興味のある方はご連絡下さい。

以下詳細です。転載は自由です。

≪セミナースケジュール≫

12/13(土)  10:00-16:30

10:00-11:30 セルフブランディング
 自分にとって看護とは何かを考えます

11:30-12:30 昼食

12:30-13:00 医療コーディネーターとは
 意思決定支援の具体的な流れと実例紹介

13:00-14:30 ロールプレイ#1
 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

14:30-14:45 休憩

14:45-16:15 ロールプレイ#2
 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

16:15-16:30 振り返り

講師:
岩本ゆり
医療コーディネーターの草分けとして2003年の開業以来、現在までに300件以上の相談を受けている。NPO法人楽患ねっと副理事長、楽患ナース株式会社取締役、日本看護協会広報委員、2007年フジサンケイ大和証券グループ女性起業家コンテスト優秀賞

患者・遺族数名
患者会関係者など多くの患者の代弁者となれる方々

料金:15,000円 (当日支払)

申込期限:11月末日
(人数の関係でお断りする場合がございます。早目のご連絡をお願い致します。)

場所:
東京都 北千住駅近辺を予定

連絡先: info@rnurse.jp

主催:NPO法人楽患ねっと
運営:楽患ナース株式会社

top_photosoukai.jpg

第21回日本サイコオンコロジー学会総会に岩本ゆりがシンポジストとして参加します。

シンポジウム6. 「がん情報と患者のケア」
10月10日(金)16:00-17:45(B会場)

http://www.jpos-society.org/gakkaisoukai/program/

どなたかにお会いできることを楽しみにしてます。

楽患ねっとは、
患者本位の医療を実践する最前線にいるのが看護師だと思っております。彼女たちへの研修、応援を楽患ねっとの大切な活動と位置付けています。

”患者が納得のいく治療や病院選び”を支援する医療コーディネーターの養成講座を 7/5(土)、7/6(日)に行います。

各講義テーマ
○ 患者の医療における意思決定支援
○ 限られた時間で、患者・家族が納得する次の一手を導く手法
○ 患者が納得する医療とは -関係性の中で構築されるQOL-
○ 患者に学ぶ
○ 患者の意思決定を支える情報収集の実践法


カリキュラム詳細はこちらをご覧下さい。

参加基準はこちらをご覧下さい。

 画像をクリックすると詳細拡大します

患者が納得のいく治療や療養方針を選択するため、当該プロセスをふむことを楽患ねっとは推奨しています。そして、必要に応じて1人の医療コーディネーターが全プロセスを支援します。

気持ちが動揺しているときには医師の説明が頭に入らないことは往々にしてあります。また、診察のたびに細切れに医師と話し合いをしますので、自分の病気について全体像を考える機会は意外とないものです。まずは落ち着いた環境で今一度医師の診断や病気の説明を振り返ります。

次にこの病気が生活にどのように影響するのか他の患者の事例を交えてお伝えします。その上で今後ご自身が病気を患うものとしてどのように生きていくのかをふまえながら、治療や療養に関しての希望を纏めていきます。その際の治療や療養に関する選択肢は、一般に公開されているものや医療機関に問い合わせた情報、他の患者の事例などを交え、分かりやすくお伝えします。

最後にご本人の希望を医師に伝え、実際の治療・療養を実行するわけですが、その際に医師の説明をわかりやすく伝える、ご本人の思いをもれなく医師に伝える、といったコミュニケーションの支援を、診察やセカンドオピニオンの場に同席することで行います。

そして全てのプロセスを通じて大切なことがあります。それは、冷静に現実を頭で考えて行動を決定するのではなく、ご自身の内面にある不安や悩み、怒りなど気持ち(本音)に向き合うことです。正しいと思う選択をしても、その選択に気持ちが追い付いていかなければ立ち止まる時がやってきます。自身の選択に気持ちも納得できるか、ということを考えることはとても大切なプロセスです。時に気持の納得には時間がかかることもあります。御自身の思いを表出し、頭も気持ちも納得できるよう支援します。

患者や家族の治療や療養選択に関する意思決定を支援するサービスです。NPO法人楽患ねっと認定医療コーディネーターが自分らしく納得のいく意思決定を支援します。

医療コーディネーターによる無料対面相談(予約制・お1人30分まで)があります。お気軽に電話もしくはメール連絡下さい。

電話:
03-3840-1800

予約電話受付時間:
午前10:00-午後9:00
月~土 祝祭日を除く

メール:
info@rakkan.net

日時:
毎月一回。土曜日 10:00-10:30
※日程の詳細はこちらを参照して下さい。

場所:
東京都北千住駅近辺 ほか
※場所の詳細は電話・メールにて

一般的な健康相談やメンタルヘルス相談は対応しておりません。ご参考までに、保健所やご加入の健康保険、生命保険、各種クレジットカードに無料相談が付帯されている場合があることをお伝えします。

※ご参考までに、がんに関しては医師による無料の電話および面談サービスがあります。日本対がん協会のがん無料相談

※ご自宅などへの訪問面談サービスは楽患ナースが提供しています。こちらは有料です。

logo20070607.gif

楽患ナース株式会社設立のご案内】

患者が自分らしく納得のいく医療を選択するサポートを行う医療コーディネーターサービスはその草分けである岩本ゆり(楽患ナース取締役)が2003年から個人事業として行って参りました。この度、さらなるニーズの広がりおよび担い手である医療コーディネーターが充実したのを期に、全国レベルで安定的にサービスを提供すべく楽患ナース株式会社を設立しましたのでご報告致します。


【アフラックがん保険新商品付帯サービスへの企画アドバイス】

楽患ねっとおよび楽患ナースはアフラックのがん保険新商品フォルテの付帯サービスであるがん患者専門カウンセラーの企画アドバイスを行って参りました。この度正式にリリースされましたので報告します。

このようなサービスは生保業界初です。給付金の支払いだけでなく治療の選択を支援するという医療そのものにかかわるサービスを提供する点で画期的です。

アフラックプレスリリース: 


【楽患ナースとの関係】
楽患ねっとは医療コーディネーターの育成を支援します。医療コーディネーターには資質と高い専門性が求められます。採用、教育には当事者である患者、家族が参画しています。どなたもご自身の経験をより良い医療に生かそうと真剣に関わって下さっています。『自分ならこの医療コーディネーターに頼みたいか?』という厳しい目で評価しています。

楽患ねっとのモットーは“患者の声を医療に生かす”ですので方針に沿った活動になります。また、楽患ねっとは声を出した患者(患者による講義、医療市場調査への参加など)に対しては対価をお支払いしてきました。一方、医療コーディネーターは患者から対価を頂くことになりますから、その点からも医療コーディネーターサービスそのものを以前同様楽患ねっとが行うことはありません。

1.講座の目的

 病が必ずしも治らず、病と共に生きる医療へシフトしています。そして、医療事故や医療費の上昇など、医療を取り囲む社会情勢は厳しくなってきました。患者の期待は“ただ治せば良い”から変化しています。こうした中、たくさんの医療従事者は「患者本位の医療を実現しよう」と思っていることでしょう。

 それでは一体『患者本位』とは何なのでしょうか。患者は何を求めており、医療者は何に応えれば、患者本位となるのでしょうか。患者本位の医療の実践者となるために何が必要かを考え、同じ思いを持つもの同士のネットワークを広めていきましょう。

 研修を通じて『患者本位の医療の実践者』をできる限り多く輩出することを目指しています。


2.カリキュラム

カリキュラムは実践的なノウハウの提供および参加者の体験型学習を柱としています。

日程はこちらをご覧下さい。
各科目の内容はこちらをご覧下さい。


3.募集要項

対 象 者: 患者ケアに関る医療従事者

募集人数: 30名 定員になり次第、募集を締め切ります。

募集期間: 2006年9月15日まで

受 講 料: 25,000円(消費税込み)

支払方法: 銀行振り込み(一括払い)
※振込先のご案内は受講確定後、メールにてお送りさせていただきます。

申込方法: info@rakkan.net まで下記内容を送付。

氏名、住所、電話番号、メールアドレス、資格(看護師など)

20050727_滋賀医大27月27日(水)滋賀医科大学医学部附属病院にて『第1回医療事故防止講演会』を行いました。タイトルは、「患者・家族の望む医療に寄り添うために」でした。

リスクマネジャーの方が、医療事故を防止するために、まず始めは患者さんの声を大切にしようということで、この講演が実現しました。

d447c62e.gif7月10日(日) 第12回 キャンサーネットジャパン がんシンポジウム『がんと共に生きるために ?より良い人生を実現する緩和医療の正しい理解?』(PDF)が東京ウィメンズプラザホールにて行われました。


基調講演は、東大病院緩和ケア診療部副部長の岩瀬医師が「より良い人生を実現する緩和医療の正しい理解」と題して、緩和ケアを解りやすく説明しました。

読売新聞朝刊の医療ルネサンス欄にて医療コーディネーターが本日5/26(火)より5/29(土)まで5回シリーズで紹介されます。

書籍紹介#1 (岩本ゆり)

| コメント(2)

患者第一最高の治療.jpg
医療コーディネーターの参考になる書籍はほとんどありませんが、この本『患者第一最高の治療』はその数少ない一つ。

著者 岡本左和子氏 は、全米最良と言われるジョンズ・ホプキンス病院の元ペイシェント・コーディネーター(別名:patient advocate)です。この書籍には、耳新しくそして思わず納得!の言葉がたくさん詰まっています。
・patient first
・bedside mannerが良い医師
・フロントラインに聞け!
・この説明はmake senseしているか?

などなど。患者中心とは具体的に何を指すのか、考える材料が豊富です。

事前取材 (岩本ゆり)

| コメント(0)

do-mu.jpg
3月22日 読売新聞 医療情報部の方と事前取材のため、東京ドームホテルへ。

ここの1階のロビーラウンジ『ガーデンテラス』は、前面ガラス張りでゆったりソファー。おまけにあまり人がいないので、静かと人と会うにはとても良い場所。ホテルのフロント横だから広々していて、花もたくさんある。今日みたいにひどい雨の日でも、暗くないのがまた良いですね。

取材は、医療コーディネーターについて。特集記事を作る予定だとか。
私も一応端くれとして入れてもらえそうです。一人立ちして約一年。少しづつ対処の仕方も学んで自信も付いてきた。そろそろ本格始動していこうかと思っていた私としては、渡りに船です。
記事が載るのは5月中旬から末。それに向けて、やっぱり仕事の整理を考えなくては。。。