2018年1月アーカイブ

IMG_8441.JPG

10月26日、足立区で緩和ケアを行っている楽患ナース訪問看護ステーションがいつも非常にお世話になっています

わたクリニックの渡辺淳子院長と小児科専門医の渡邉拓史先生が楽患チャイルド&ニーニョを見学に来て下さいました。

というのも、この9月から、わたクリニックでは小児在宅医療を始められたとのこと。
http://www.wataclinic.com/kids.html

24時間365日対応でお子さんを診て下さる先生が増えることは、本当に嬉しいことです。

楽患ニーニョで遊んでいたお子さんの中に、渡邊先生が大学病院にいらした時に診察していたお子さんがおり、嬉しい再会となりました!やっぱり地元ですね。これからたくさんお世話になることと思います。よろしくお願い致します!

22814328_1952326248355246_8665799072745660292_n.jpg

10月24日、訪問看護ステーションや居宅、訪問介護などを手掛けていらっしゃる有限会社ぽけっと代表の上田浩美さんと娘さんが、楽患チャイルド&ニーニョへ見学にいらっしゃいました。

いつもパワフルで温かい上田さん。娘さんは保育士さんです!お二人で準備中の秘密計画を色々教えて頂きました。来年は埼玉へ学びに行かせて下さいね。

お二人がお子さんをあやすと、みんなニコニコに。幸せな時間をありがとうございました?

小児看護学会 ポスター発表

20914749_1925014157753122_9222207411746908365_n (1).jpg

8月19日、楽患チャイルドを題材に首都大学東京で卒業論文を書かれた看護師の石井さんが、

小児看護学会(京都) でポスター発表をされました。

病院勤務の看護師の方々が多い学会だったとのことで、少しでも重症児保育園への興味に繋がる

きっかけになることを期待しています。

?

?

getFileData.jpg

Clinical Study 8月号(メヂカルフレンド社)において

いのちについて考える/医療的ケアが必要な子どもをめぐって

というタイトルで、小児について書かせて頂きました。

ところで、、、今号の特集は「今マスターしたい! 基礎看護技術のポイント」だったのですが、寄稿されていたのは東京医大看護学校在学中の恩師、石塚睦子先生でした。

そして、この掲載をご縁に約30年ぶりに先生と連絡が取れたことは嬉しい出来事でした!

IMG_6132-300x225.jpg

特別なケアを必要とするお子さんと暮らしているケアラーのための手帳を

すぎなみ重症心身障がい児親子の会「みかんぐみ」さんが作って下さいました!

小児版介護者手帳「ケアラーズノート」発売です。

購入の詳細はこちら。http://mikangumi.com/510/

1セット(本誌?記録ノート)で1,500円(税抜)?送料

私も注文して、楽患チャイルド/ニーニョのお母さんたちにご紹介しました。

病院やショートステイ、保育園など色々なところで同じことを何度も聞かれても大丈夫!

この1冊に必要なことを書き込むことで相手に伝えやすくなります。

他にも当事者だからこそ!の工夫が沢山。痒いところに手が届く手帳。お勧めです。

DSC05189-300x225.jpg

遅くなってしまいましたが、2017年度の備忘録を。

3月初め、母校の東京女学館中学校3年生に向けて「いのちの授業」を行いました。

講演では普段パワーポイントを使用しますが、この授業だけはマイク一本でお話しします。もうこの世にはいないけれど、私の中に今も生きている、大切な方たちが語りかけているように、思いを込めて40分を過ごします。

話しているこっちが泣けてくるので大変ですが、一年に一回、なぜ自分がこの仕事をしているのかを振り返る大切な時間です。

将来を考える、大切なこの時期に。
心に残る人が一人でもいれば嬉しいな。

http://www.tjk.jp/.../%E4%B8%AD%EF%BC%93%E3%80%8E%E5%91%BD%E.../