2015年12月アーカイブ

IMG_5262.JPG 10301594_1664908937096980_6213051300721918126_n.jpg 10584028_1664911310430076_8588394416550918561_n.jpg

クリスマスの日、楽患チャイルドには、保育士さんお手製の可愛いサンタさんが揺れていました。

デイが始まって4カ月、思っていた以上に子どもたち同士の心の交流が活発です。
互いに見つめあって笑ったり、真似したり、時にはおもちゃの奪い合いをしたり。

今日は、お友達のスプーンをいたずらしようとしていたNちゃんを見つけました。スプーンを振り回す前に取り上げようとすると、何やら必死にアピールしています。どうやら、Nちゃんは仲良しの女の子に自分がスプーンで食べさせてあげたかったよう。私がNちゃんと一緒にスプーンを持つと、今まで見たことがないくらい真剣な顔で、スプーンを相手の口に運びました。相手の子もニコニコしながらしっかり食べています。ちなみにNちゃんは口から食べることが出来ません。栄養は全て胃ろうからの注入です。

その後Nちゃんは、相手を抱きしめる方法を、相手の手を取り、身振り手振りで教えていました。最後にはお互い抱きしめ合っていた2人。

本当の天使に出会えた気がしたクリスマスでした。

 IMG_5213.JPG IMG_5211.JPG

11月21日、良いお天気の土曜日のセミナーは無事終了致しました。

思いのある方々の集まりですから、アイスブレイクから盛り上がり、お互いに思いや活動を聞くだけで刺激となる一時でした。

ロールプレイでは、本物の役者さんのように患者さん役をこなされる方や、緊張から言葉がなかなか紡げない方、自身の癖に気付く場となった方など、参加者一人一人、自分なりのお土産を持って帰る場となったかと思います。

そして患者体験者の方々からのアドバイスは、いつもながら真っ直ぐ胸に響く力強い物でした。私にとってもこのセミナーは、普段の自身の看護を振り返る大切な場となっています。

長時間に渡り、ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。次回は来春を予定しております。