高野山大学「いのちのセミナー」のご案内

| コメント(0)

TOP.jpg

スピリチュアルケアの宗教的・思想的背景を確かなものとすべく、より広い視野からいのちの問題を考察することを目指して開講される

高野山大学「いのちのセミナー」(全8回東京開催)のご案内を頂きました。

講師陣はこの分野では高名な方々ばかりです。既に特別実習は満席となっておりますが、座学はまだ空いているようです。

 

以下、開催日程の転載です。

第1回 平成22年7月11日(日)

昭和女子大学 オーロラホール

「ホスピスから学ぶいのちの教育」

小澤竹俊(めぐみ在宅クリニック院長)

「老いと死、その仏教的観方 ―平和の国で「諸行無常」を考える―」

室寺義仁(高野山大学文学部教授)


第2回 平成22年8月29日(日)

昭和女子大学 大会議室

「いのちの自立への支援―在宅ホスピスケアで学んだこと―」

内藤いづみ(ふじ内科クリニック院長)

「"こころ"に寄り添うということ?悲しみと怒りを抱えられるように?」

森崎雅好(高野山大学文学部助教)


第3回 平成22年9月26日(日)

昭和女子大学 オーロラホール

「日本人の家族関係とスピリチュアリティー」

山添 正(神戸親和女子大学学長)

「弘法大師の人間観」

武内孝善(高野山大学文学部教授)


第4回 平成22年11月21日(日)

昭和女子大学 大会議室

「小児医療―そのサイエンスとアート―」

細谷亮太(聖路加国際病院副院長・小児総合医療センター長)

「スピリチュアルケアと家族背景」

井上ウィマラ(高野山大学文学部准教授)


第5回 平成22年12月19日(日)

昭和女子大学 大会議室

「言えない心の傷」と仏の教え」

今城良瑞(NPO法人HAPPY FORCE理事長)

「"主体的に生きる"ということ ?こことからだと動き?」

森崎雅好(高野山大学文学部助教)


第6回 平成23年2月20日(日)

昭和女子大学 オーロラホール

「生と死の境界―遍路道を歩いて―」

細谷亮太(聖路加国際病院副院長・小児総合医療センター長)

「四国遍路 ―癒しと救いの歴史―」

川?一洋(高野山大学文学部非常勤講師・四国霊場第28番大日寺住職)

 


特別実習1 平成22年9月11日(土)

※ご好評につき、本実習は満席となりました。

高野山東京別院

「瞑想実習―阿息観(あそくかん)の理論と実践 1」

佐藤隆彦(高野山大学文学部准教授)


特別実習2 平成22年9月12日(日)

※ご好評につき、本実習は満席となりました。

高野山東京別院

「瞑想実習―阿息観(あそくかん)の理論と実践 2」

佐藤隆彦(高野山大学文学部准教授)

※できれば二日間続けて受講していただきたいのですが、初日だけ、二日目だけの受講も可能です。
但し二日目だけを受講する場合は、それまでに阿息観の実践を体験していることが望まれます。

コメントする