第5回 がん患者大集会 今週末開催

| コメント(0)

photo.jpg
2005年の第1回がん患者大集会が大阪で行われてから4年が経ち、早くも今年は、第5回がん患者大集会が行われます。

楽患ねっとは、この会の構想段階からお話を伺い、毎年後援団体として名前を連ねてきました。第1回・第2回の大会には参加し、溢れる人の熱気と思いを肌で感じてきました。

関西の熱い患者さんたち数人が集まって始めた大集会でしたが、去年からはどこの地域の方でもリアルタイムで参加できるよう、がんセンターの施設を使ってテレビモニターで中継されるようになりました。会を重ねるごとに大きく広がっている様は関係者の方々の努力の成果であり、素晴らしいと思います。しかし、回数が重なるに連れ、集客の難しさは否めないようです。

会を重ね、地方へ活動が広がっている会にRFL(リレーフォーライフ)があります。実はRFLの始まりは、第1回がん患者大集会の中で、アメリカの先進的な取り組みとしてビデオ紹介されたことにありました。このビデオを見た肺がん患者さんのシュウさんが、RFLを日本でも実現したいとネット仲間に呼びかけたことが今につながっています。そしてシュウさんは、今では大集会の主催団体であるNPO法人がん患者団体支援機構の副理事長をしています。他にも、色々な方がこの会をきっかけに動き出しています。第2回のゲストとして参加していた鳥越さんは、理事長になられました。理事長として初めての大集会です。

11月2日記者会見の模様:全国18カ所を結び、患者の声を集約「がん患者大集会」を8日に開催(2009年11月4日 がんナビ)

がんを身近に感じている皆様、そして、今後他人事ではない、とがんに関心のある皆様、この会に参加されることで、新しい御縁や気付きを得られるのではないかと思います。

参加申し込み案内はこちら

コメントする