コチさんにお会いしました

| コメント(0)

koci.jpg

昨日知人の紹介でチェリストのコチさんにお会いする機会がありました。
大きな笑顔で、お話していると心が軽くなる、そんな方でした。

今までチェロ演奏をじっくり聴いたことがなかったのですが(”おくりびと”ぐらい)、なんとも優しい音色です。バイオリンは時に心をざわつかせる響き(僕はシンドラーのリストを聴くとそうなります)がありますが、チェロはそれよりも少し暖かくゆったりした感じがします。

コチさんの生演奏を聴いた知人曰く、
”時の流れを旅しているような感覚になりました。チェロ独特の響きだけでなくコチさんの優しい人柄、人生の幅がそうさせているのでしょうね。”

鎌田先生のエッセイにコチさんが紹介されていました。一部を抜粋して紹介します。

・・・がんの末期の女性がいた。ロビーに下りてこられなかった。病室に出向き、「浜辺の歌」を演奏してくれた。優しい男なのだ。演奏が終わるとブラダン・コチは女性を抱きしめた。そして、病室を出た。
 その後、この妻は夫に「ありがとう」と「さよなら」を伝えた。・・・数日後、彼女は亡くなった。コチは一年後、再び演奏にやってきた。この夫が演奏にやってきた。この夫がお礼にきてくれた。「あなたの音楽に、一番辛い時、私も妻も救われました」・・・

読売新聞 鎌田實の見放さない


鎌田先生がコチさんをブログで紹介しています。
http://kamata-minoru.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-1526.html


コチがチェコで奏でる日本の歌「ふるさと」 @niftyビデオ共有


「ふるさと -プラハの春 ウラダン・コチ」
鎌田先生が立ち上げた、イラクとチェルノブイリの病気の子どもたちの薬代を稼ぐための「がんばらない」レーベル(NPOのレコード会社)第3段CDです。収益金はチェルノブイリとイラクの子どもの医薬品支援に使われるそうです♪
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001SPBSKM/rakkan-22


直近のコンサート情報
今日はまた府中の森芸術劇場で6時半から、「鎌田医師のあったかトークとKociさんのコンサート」があります。残念ながら300席が満席だそうです。11日は急遽、阿佐ヶ谷の日本福音ルーテルむさしの教会でのKociさんのソロコンサートが決まったそうです。


t.i

コメントする