患者会の評価 (岩本貴)

| コメント(0)

gannoshakaigaku先日、厚生労働省研究班による「『がんの社会学』に関する合同班会議」(楽患ねっとは班長協力者)および”ヘルスケア関連団体ワークショップ”に参加してきました。そこでのディスカッションに同じテーマが提起されたので紹介します。”患者会の評価”です。いずれも『昨今医療者は退院後のケア、分かち合いなどでの患者会の重要性を認識しており、是非とも患者に紹介したいと考えている。しかしながらどの患者会を紹介するべきなのか情報がない。どこか患者会を評価しその情報を公開してくれないだろうか』というものです。この件について慶応大学病院の加藤医師(消化器内科)が主催されているHP(MELIT)で大変共感できるご意見を述べているので是非ご覧下さい。

コメントする