2005年5月アーカイブ

国際医療福祉大学大学院乃木坂スクールにて、今年から『患者の声を医療に生かす』という講座が始まりました。
患者さんが講師となって授業を行うという斬新な試みで、開原先生を中心に多くの患者団体と共に話合いを重ね、やっと開講となりました。楽患ねっとは、企画の段階からこの講座に関わってきたため、形になった喜びはひとしおです。

そして、いよいよ
5月19日(木)医療者教育と患者団体 

では、先日のシンポジウムを中心にした報告をしてきます。

当日参加される方は、yuri@rakkan.net までご一報下さい。
たくさんの方に聞いて頂き、お会いできると嬉しいです。