医療事故/東京医大 (岩本ゆり)

| コメント(0)

082ed583.jpg
技術ない医師「トレーニングのため手術」 東京医大調査という記事が出ました。

外部の専門家でつくる調査委員会が立ち上がった当初は、委員長が病院長と親しいのではないか?とか、患者代表が委員のメンバーに含まれていないのでは、かた手落ちではないのか?(直前に女子医大の医療事故調査委員会に遺族代表が2名参加し、ある程度の成果を収めていたため)とも懸念されましたが、委員会の調査結果は、病院にとって厳しいものになりました。

この結果を受けて、今後病院がどういった対応にでるのか、委員会がどこまで事故のその後に目を向けるのかにも注意していきたいと思います。

何でも、今回の問題で特定機能病院指定が取り消される可能性が出てきたとのことです。大学病院に対する患者の期待は大きいものです。再起にかけた大掛かりな変換が期待されます。


***********************************
技術ない医師「トレーニングのため手術」 東京医大調査
2005年03月31日01時57分 朝日新聞より

 東京医科大学病院(東京都新宿区)の心臓外科医(45)による手術を受けた患者が相次いで死亡した問題について、外部の専門家でつくる調査委員会(委員長=古瀬彰・心臓血管外科学会前理事長)は30日、報告書をまとめ、大学側に提出した。心臓血管外科の専門医であるこの医師について「基本的な知識や技術力が不足していた」とした。病院側に対しては「トレーニングのために手術経験を積ませた」と不十分な安全管理を指摘した。患者にとって、医師を選ぶ手がかりになる専門医への信頼が揺らぐことになり、大学病院の管理体制もあわせ、今後、制度の見直しが急務となる。

 報告書では、事故について病院の安全管理委員会に報告されなかった点についても言及。東京医大は高度で専門的な治療ができる特定機能病院となっており、今回の問題で指定が取り消される可能性が出てきた。

 調査対象は、02年10月から04年1月にかけて71歳女性、81歳女性、68歳女性、67歳男性に対して行われた手術。心臓の弁を取りかえるもので、問題の医師は、3例を執刀、67歳男性の手術では第1助手を務めた。

 報告書は「高度な技術と豊かな経験を有する外科医が実施すべきであった」とし、この医師に技術面で多くの問題があったと指摘した。

 大学側に対しても適切な指導者がいない状態で死亡例が相次いでいたのに、患者の安全よりもこの医師に経験を積ませることを重視したと、判断。「患者中心の医療という理念に根本的に反している」と断じた。

 さらに大学側が当初、死因を「医療事故ではなく合併症である」とした見解を否定し、死亡例の事後的な検討などを怠っていた組織にも問題があると総括した。

コメントする