『いのちの授業』中学生向け 9/27を終えて (岩本ゆり)

| コメント(0)

4855f202.jpg久しぶりの土砂降りの中、荒川区立第一中学校にて、一年生約128人を対象に「いのちの授業」を行いました。
講師は、荒川区ではお馴染みの井上さんと、今回が子供にお話しするのは初めての廣澤さんでした。

この授業は、10月7日 サンパール荒川にて行われる舞台、友情 Friendship ?秋桜のバラード?を見る前に、行われました。

この舞台は、白血病に罹った主人公を中心に、友情について考えるものです。事前の打ち合わせでは、校長先生初め、先生方から、「ただ舞台を見るだけではなく、それをより心に残し、生きることについて考えるきっかけにするために、何回かに分けて命について考えていく取り組みを授業で行っていきたい」との話がありました。今後も、道徳地区公開講座にて、話を深めていくことになります。

「いのちの授業」は、一回だけの語りかけで完結するものではありません。たくさんのきっかけを積み重ねていくことに意味があります。今回のようコラボレートとも素敵な方法ですね。今後は、学校の教師の方々と共により効果的な授業の方法を模索していきたいと考えています。

コメントする