がん患者・家族へのインターネットによるサポートシステム (岩本貴)

| コメント(0)

http://www.itmedia.co.jp/survey/articles/0407/09/news001.html

がん患者への精神・心理的支援の必要と、その医学的有効性についての認識が高まるなかで、インターネット上で患者・家族の心のケアを行うことを目的とした実証実験が開始された。本稿では、野村総合研究所(以後、NRI)の遠隔教育システム「3D‐IES」を活用したこの実験について紹介し、有効なサポート手法の確立について考察する。

ITソリューションフロンティア:トピックス より引用

*********
ビデオチャットによるセカンドオピニオンって凄いですね。最早、触診以外の事はインターネットを通じで可能になっているようです。

インターネット上でのコミュニケーションは、下記のような特徴があります。便利なツールとして、これからも多様なサービスが生まれる事でしょう。

・対面では話しにくい事でも、気軽にコミュニケーションできる

・距離的制約がなく、最新の情報が入る。

コメントする