2004年5月アーカイブ

読売新聞朝刊の医療ルネサンス欄にて医療コーディネーターが本日5/26(火)より5/29(土)まで5回シリーズで紹介されます。

先日、運営しているとある疾病別MLにX線画像がアップされました。この画像は投稿者ご自身のX線画像です。投稿された方は、画像の見解を伝え、その上でML参加者の見解を求めていました。参加者からもご自身の経験を踏まえた所見が寄せられていました。今まで他人のものを見た事がないというのが一般ですし、他人の症状と比べる事ができた事が非常に参考になっているようでした。

5/12(水)の午後、都内文京シビックセンターで『いのちの授業』一般向けを実施しました。

会場が和室であったこと、人数が少なかったこと(13名)から、非常にアットホームな環境の中での実施となりました。

講演者の方のプロフィール、講演内容を紹介します。

先日、都内の中学校にて『いのちの授業』を実施しました。一度に300人の人数を前にして行うのは初めての事です。『いのちの大切さ』を如何に深く伝えるという点でいくつか気づきがありました。

topa_01.jpg
本部を訪問しました。実は当会も、楽患ねっとの活動を詳しく知りたいと思っていたところだという事です。嬉しいですね。楽患ねっとの活動説明もしっかり行いました。

この会の特徴は: